デンマークの課税制度

法人税22%、二重課税免除という独特な税制のあるコペンハーゲン首都圏は北欧での本社設立または事業拡大には理想的な場所です。

デンマークの税率はOECDや EUの平均以下

デンマークの法人税は22%で、これはOECD、EU平均よりも低い税率です。また北欧諸国の中で唯一デンマークだけは海外支社を持つ企業の二重課税を免除しています。そのためコペンハーゲン首都圏は北欧での本社設立そしてスカンジナビアでの事業拡大には大変魅力的な場所なのです。

デンマークでは人件費の面でもかなり有利です。雇用側は世界で最も低い社会保障負担率を支払っており、従業員一人当たり年間1%未満(最大1350ユーロ)、これには年金制度、医療保険、休日給与も含まれます。

外国人研究者や高資格保有者に対する特別税制も、デンマークの税制の利点です。

主な税制上の利点:

•法人税率22%

•研究開発費の全額税還付

•買収で発生した金利の全額税還付

•法人税支払いは費用控除後

•海外支社があるデンマーク企業の二重課税免除

•追加の地方税、フランチャイズ税や富裕税はなし

•資本金税または株式移転の義務なし

•無制限の損失繰越

•魅力的な持株会社向け税制措置

•外国人研究者及び高資格保有者のための駐在員向け特別税制措置

•雇用側負担の従業員給付費用は、ヨーロッパで最低