不動産投資

コペンハーゲン首都圏では不動産投資にも絶好の場所です。高収率で取引経費も低額、新興の都市開発エリアも増えています。

高収率の不動産投資

コペンハーゲンの不動産の利益率は欧州の他都市よりも高く、立地条件の良い不動産の利益率はパリやミュンヘンよりも1%以上、そしてロンドンよりも2%近く高くなっています。

低い取引費用

デンマークは不動産投資の取引経費においても有利です。欧州の主要都市のほとんどが現金価格の5-6%であるのに対し、コペンハーゲンでは1-2%です。

Office rent level in Europe  

安定した経済

デンマークは世界的経済危機の前後を通して好調な経済が続いており、スタンダード・アンド・プアーズ、ムーディーズ、フィッチなど全ての主要格付け会社からAAAを獲得しています。デンマークは財政赤字も低く、過去長期に渡るデンマーク経済の推移を見ても欧州各国と比べて経済が不調になった時期は著しく稀です。


独特な担保システム

デンマークは独特なモーゲージシステムによって、借り入れコストは物件価値の最初の60%、と欧州の中でも最も低く設定されています。現時点の利子は、欧州の他国が1.5-2.5%であるのに対し0.8-1.5%です。

新興都市開発地域の増加

コペンハーゲン首都圏では大規模な都市開発が行われており、そのほとんどは市内中心部の近辺です。商業港・工業地帯跡地などが学校や保育施設、スポーツ・レジャー施設などもある人気の住宅エリアやオフィス街に様変わりしています。多くの都市開発エリアは気候に配慮した都市エリアに変わりつつあります。