欧州で最も魅力的な労働市場

デンマークは雇用と解雇に関して欧州一柔軟性の高い法律が整備されています。さらに雇用側の社会保障負担率は欧州で最低レベルです。

コペンハーゲン首都圏では他には例を見ないような労働市場の柔軟性を体験できます。フレキシビリティとセキュリティを組み合わせた「フレキシリュリティ」と呼ばれるデンマークモデルによって人員増減が欧州で最も容易にでき、市場の変化にも速やかに効果的に対応ができるのです。

デンマークの労働市場はその柔軟性と稀に見るような企業と研究機関の強い連携で知られています。会社設立もその日のうちにできてしまいます

separator- ケム・パートナー・ヨーロッパ 代表 ピーター・ハルケアー-クヌッドセン

 EU欧州で雇用側負担率が最低レベル

デンマークの給与レベルは他のEU各国と比べてとても有利と言えます。これは社会保障負担率、年金制度、医療保険、有給休暇といったその他の経費が欧州の他国と比べて低いからです。

詳しいコペンハーゲン首都圏の賃金・給与体系はこちらから

高い生産性を誇る労働力

デンマーク人は、欧州の中でどの産業においても最も生産性が高く勤勉な国民です。

デンマークでは各個人の職場での自主性とエンパワーメントが高く、このような労働精神と労働文化に支えられて意欲的で勤労意識の高い従業員を生み出し、結果、仕事の満足感にも繋がっています。

さらにデンマークには生涯教育という強い伝統があります。国民の大半が高等教育を受け、また能力アップのための研修を受講するなど、市場のニーズの変化に合わせて常に労働力は向上しています。

Labour cost for a chemical engineer in Copenhagen Labour cost for a chemical engineer in Copenhagen

高い語学力

デンマークは元来交易と海運で栄えた国家であり、国民は何ヶ国語も話します。

ほぼ9割の国民が英語を話し、EF 英語能力インデックスやIMDワールドタレントレポートといった国際的な語学能力調査でもデンマーク人は常に上位を占めています。

86% of the Danish workforce speaks English and 53% speaks German

フレキシブルな労働時間

他の欧州諸国と異なりデンマークには深夜や週末労働に関する制限がないことから、企業は24時間365日営業も可能です。