コペンハーゲンのインフラ首都圏

コペンハーゲン首都圏は北欧・欧州・バルト海への玄関。道路・空路・鉄道・海路は全て輸送インフラが整備され、24時間以内に1億人の消費者にアクセスが可能です。

コペンハーゲン首都圏は北欧の中心に位置し、中央ヨーロッパから北欧やバルト海に向けた流通の拠点です。

コペンハーゲン首都圏の配送センターからは24時間以内に1億人の消費者に商品を届けることができます。DHLエクスプレス、UPS, TNT Post Nord、フェデラルエクスプレスといった大手のロジスティック業者全社がコペンハーゲン首都圏にロジステッィクハブを置いている理由はそのためです。



25 million travellers per year

北欧で乗継に最も便利な空港

コペンハーゲン空港は市内から8キロ、電車で15分の場所に位置し、大陸間の国際線、欧州、北欧&バルト諸国へのフライト数は北欧で最大です。貨物用空港としても北ヨーロッパで最大で世界31都市に直航便が出ています。

空港の立地も良く、陸路・海路、空路全てのアクセスの良さは欧州一です。2015年、コペンハーゲン空港は北ヨーロッパで人気ナンバー1の空港に、そして最も安全な空港世界第2位に選ばれました。

スカンジナビアの第二の港 

北ヨーロッパは産業用、消費者用製品の重要なマーケットです。コペンハーゲンマルメ港は欧州の中で最も先進的で環境に配慮している有数なロジステッィクセンターです。

コペンハーゲンコンテナターミナル

  • 海底 10メートル
  • Beam, LOA、エアードラフトー無制限
  • 45トン、ストラドルキャリアー12台
  • コンテナトラック11台
  • ターミナルトラクター 10台
  • コンテナムーバー4社
  • ガントリークレーン3機、50トン、アンダーフレーム43台


45.000 ships through Copenhagen-Malmö port each year

 

フェーマルン・ベルトトンネルの開通によりドイツへの移動時間が短縮

2024年にはコペンハーゲン首都圏と欧州本土を結ぶフェーマルンベルトトンネルが開通される予定で、デンマークードイツ・ハンブルグ間の移動時間が1時間短縮されます。

フェーマルン・ベルトトンネルは全長18キロ、欧州のインフラ計画の中でも大規模な建設工事です。時速110キロで走行した場合、トンネルの端から端まではたったの10分で移動できることになります。