デンマーク経済

デンマークは豊かなスカンジナビアの中心に位置し、経済状況もよく歴史的に安定しています 。コペンハーゲン首都圏は、有利な税制や労働コスト、優秀な人材が揃うスカンジナビア最大のマーケットです。

デンマークはヨーロッパで最も豊かな地域に位置し、そこから北欧諸国 、西・中央ヨーロッパとの貿易だけでなく、東ヨーロッパにも経済を拡張するのも容易です。コペンハーゲン首都圏は24時間以内に北ヨーロッパの一億人の富裕層へのアクセスが可能なスカンジナビアで最大のマーケットです。

また、デンマークは欧州連合(EU)に加盟しているため 350万人に上る全EU市場へも無制限にアクセスできます。

有利な税制と低労働コスト

デンマーク経済はスタンダード・アンド・プアーズやムーディーズ、フィッチなどの主要格付け会社からAAAを獲得しています。

デンマークに投資する企業は魅力的なマクロ経済状況だけではなく、税制関係も有利であることから恩恵を受けています。デンマークでは減価償却費と、研究開発費に関連して税務上の利点と有利なルールが幾つかあります。

北欧諸国の中で唯一デンマークだけは海外支社を持つ国内企業に二重課税を課しません。

さらに、デンマークでは人件費の面でもかなり有利です。雇用者は世界で最も低い社会貢献率を支払っており、年間従業員一人当たり1%未満(最大1350ユーロ)です。

柔軟で生産性のある労働力

労働コストの良さと高い生産性を誇るデンマークの労働力は欧州の中でも大変効率が良い国です。

教育が無料で享受でき、長年に渡る積極的労働市場政策と成人学習制度の整備のおかげでデンマークの労働者は高い能力を持ち柔軟性があります。

進んだ輸出経済

2014年のデンマーク総輸出高は1835億ユーロです。

Denmark is a leading export economy offering great opportunities for foreign businesses

デンマーク経済はライフサイエンス、クリーンテック、再生可能エネルギー、食品、スマートシティやICT、ファッション、映画やコンピュータゲームの制作及び輸送・物流における世界有数の企業による最先端の産業が盛んです。

デンマークは、食品、エネルギー、医薬品や酵素の純輸出国です。主要貿易相手国はドイツ、スウェーデン、イギリス、オランダ、米国などが挙げられます。