社会制度

デンマークの社会福祉制度の基本原理は、誰もが無償かつ最上の医療と教育を受ける平等な権利を有することです。

デンマークの社会福祉制度

北欧の社会福祉モデルとして知られるデンマークの社会福祉制度の根本理念は、全ての国民が医療や教育などを無償で平等に享受できる権利です。強力な福祉国家は人々が経済的に平等で実質上汚職がないことを保証します。調査上でも一貫してデンマーク人は地球上で最も幸福な人々であることを示しています。


ワークライフバランスを支える

デンマークの福祉モデル自体も長期育児休暇や安価で利用できる託児施設など、仕事と家庭のバランスを保つ上で重要な役割を果たしています。


両親には出産特別手当として52週間の育児休暇が与えられ、そのうちの36週は父親と母親で自由に分け合うことができます。また正式なフルタイム労働時間が週37時間であるため、働く親でも子供の行事に積極的に参加することができるのです。


 万人のための教育

 誰もが無償で受けられる教育は国家の成長・社会福祉・競争力を確保するためにも、国にとっての最優先項目でもあります。高い教育水準と革新的な学習アプローチを融合させたデンマークの教育機関は今日のグローバル化した知識ベースの世界で学生たちが活躍できるような教育を手がけています。


高等教育

デンマークの高等教育現場は昔から企業・業界・研究機関が密に連携を取り合って学生に活気ある教育環境を創出しています。

大学や各種高等教育機関は国際性豊かで英語でのプログラムも多数あり、外国人留学生にとっても魅力的です。

86% of the Danish workforce speaks English and 53% speaks German.