2025年カーボンニュートラルな街へ

2025年までにカーボンニュートラルな首都の実現化を目指すコペンハーゲン。グリーン経済への移行、再生可能エネルギー、アップサイクリング&リサイクリング、グリーンモビリティー、スマートシティソリューションの分野で世界をリードしています。

コペンハーゲン市が積極的な気候設定目標を掲げたことで、グリーン輸送、上下水処理、持続可能建築物や、風力発電、太陽光発電、グリーンエネルギープラントやバイオ燃料を推進する動きが高まっています。

Cleantech goals

コペンハーゲン市の取り組み:

  • グリーン経済移行、再生可能エネルギー、アップサイクリング&リサイクリング、グリーン移動のフロントランナーを目指す
  • 人々の健康とQOLを向上させるために渋滞や公害を減らす
  • 光工学、スマートグリッド、インテリジェント照明、その他のスマートシティソリューション向けの最先端の試験・デモ施設を提供
  • 風力発電、太陽光発電、バイオ燃料など未来の持続可能エネルギー供給の開発

9% increase in Danish exports of green goods and services from 2013-2014

コペンハーゲン2025気候変動適応計画

「Copenhagen’s 2025 Climate Plan(コペンハーゲン2025気候変動適応計画)」は街のグリーン成長戦略の一つ。国内外の一流のイノベーションプロジェクト、研究者、企業などをコペンハーゲン首都圏へ誘致しています。持続可能モビリティ、エネルギー消費&生成、そして最新スマートシティ、スマートグリッド、インテリジェントライティングソリューションに270-340億ユーロの投資が見込まれています。

コペンハーゲン首都圏の最先端のグリーン試験&デモ施設:

  • 「リソース・シティ」廃棄物管理、アップサイクリング&リサイクリング用のテストセンター
  • 「デンマーク屋外照明ラボ(DOLL)世界有数の光工学、インテリジェントライティングソリューションのテストシティ
  • カルンボー産業シンビオシス4つの産業施設が連携してお互いの副産物の再利用や資源の共有の試みで知られる産業エコロジーの一例。発電所、石油精製所、石膏ボード工場、医薬品生産工場に加えて市民に水、電力や地熱暖房を供給するカルンボー市の自治体も参加。


コペンハーゲンは欧州委員会が選ぶ2014年ヨーロッパ・グリーン首都大賞に選ばれました

Copenhagen selected the European Green Capital 2014