ストックホルムよりも20%割安

fDiベンチマークや2014年フィナンシャル・タイムズによると、コペンハーゲンは北欧の拠点としてや北ヨーロッパでの事業拡張を図るには最もコスト効率が高い首都とされています。

会社運営コストも他の北欧各国の首都、ストックホルム、オスロ、ヘルシンキと比べてコペンハーゲンが一番低いとされています。


会社運営経費はコペンハーゲンが割安

IT、HR、研究開発、サプライチェーンやカスタマーサービスなどの事業で北欧に本社またはシェアードサービスセンターを置く場合、運営費全体で比べると、コペンハーゲンはストックホルムよりも15-20%割安です*

  • 人件費全体でみるとスウェーデンに比べてデンマークは圧倒的に割安です。デンマークは雇用者の社会保障負担率が給与の1%未満なのに対しスウェーデンは32%です。

  • 1平方メートルあたりのオフィス賃料もコペンハーゲンはストックホルムよりも約半額の価格です。

*2014年fDiベンチマーク、フィナンシャルタイムズ


人々と才能

デンマークには有能で上昇志向の高い意欲的な人材に加え欧州で最も柔軟性のある労働市場、と北欧諸国でのビジネス展開にはこの上ない条件が揃っています。

  • No.1:欧州で最もフレキシブルな労働市場 ー2015年IMD
  • No.2: 世界で意欲的な労働者がいる国 ー2015年IMD
  • No.4:即就労可能な知的労働者がいる国 ー2015年IMD
  • No.5: 欧州で最も優秀で競争力の高い国 ー2015年INSEAD

コペンハーゲンに地方拠点を置く ー コストが抑えられて質が高い

Denmark ranks highest: Northern europe regional headquarters

雇用と解雇が容易

雇用も解雇も翌日には完了してしまいます。これはデンマークの「フレキシキュリティ」モデル(フレキシブルな労働市場・手厚い社会保障(ソーシャルセキュリティ)・積極的労働市場政策の全てを組み合わせた総称)がなせる技です。

デンマークのフレキシキュリティ労働市場モデルのおかげで従業員の雇用と解雇もスムーズです。


北欧で最も低い人件費

デンマークの社会貢献費用は世界で最少レベルです。雇用側が負担する社会保障貢献率は従業員一人当たりに付き1年に1%未満(最高1350ユーロ)です。

その他の人件費には社会保障貢献費、年金制度、医療保険、有給休暇が含まれ、それぞれ給与からの割合で算定されます。


Social security cosos paied by employer