生活ヘルステックラボ

健康データ登録へのアクセスそして最先端の医療施設や医療システムなど、コペンハーゲン首都圏は医療技術実験やイノベーションには理想的な場所です。

手厚い北欧の社会福祉モデルを核として、コペンハーゲン首都圏は高齢化社会に備えた高度な福祉を維持するために新設病院建設と福祉技術に数十億ユーロを投資しています。

コペンハーゲン・ヘルステック・クラスターは現代社会が抱える健康課題に対する新ヘルステックソルーションを提供していくために、様々な連携に取り組んでいます。


医療部門のサプライヤーにビジネスチャンス

遠隔医療、e-ヘルス、支援技術、在宅ケア、デジタルヘルスケア分野でのイノベーティブソリューションはコペンハーゲン首都圏の中核を成すフォーカスエリアです。公共・民間医療部門向けサプライヤーにとってはビジネスの可能性が大いにあります。

最先端のヘルスケア、ヘルステック用試験やイノベーションの拠点

  • 個人登録履歴など、過去数十年分の電子健康データが管理されており研究者は病歴調査がしやすい
  • 新たなヘルスITインフラ整備と新設スーパーホスピタルの医療施設用に今後数年間で250億ユーロを投資
  • 臨床試験とヘルステックイノベーションに特化したテストセンターとリビングラボ
  • デンマーク工科大学やコペンハーゲン大学などヘルステックに特化した優れた学術機関
  • 最新技術のテストに協力的なITに精通した市民
  • 医療技術、ヘルスケアIT、医療コンサルティングなどのイノベーティブ企業のネットワーク。 詳しくは Healthcare DenmarkWelfare Techを参照のこと。
  • 実績ある官民パートナーシップ

コペンハーゲン首都圏の優れたライフサイエンス・ヘルステッククラスター

  • メディコン・バレーはヨーロッパでも有数のライフサイエンスクラスター。コロプラスト、アンブ、ノボ・ノルディスク、ルンドベックなどのライフサイエンス、バイオテクノロジー、医療技術企業と有名大学が協力しています。
  • コペンハーゲン・ヘルステッククラスター(CHC)は、利用者に寄り添った高齢者施設や住宅・リハビリテーション、在宅ケアのためのより良いソリューションの提供を目指し、リモデリングケアに力を入れています。