コペンハーゲン首都圏に投資を行う10の理由

1. 欧州で最もビジネスがしやすい街

デンマークは2012-2016年に世界銀行による「ヨーロッパで一番ビジネスがしやすい国」に選ばれています。

2.低い法人税 

デンマークの法人税は22%。これはOECDならびに欧州の平均よりも低い税率です。

3. 欧州で最も柔軟な労働市場

コペンハーゲン首都圏では雇用や解雇に関してヨーロッパで最も柔軟性のある法制度が整っており、従業員の増減を図るには理想的な条件が揃っています。


4. 競争力あるビジネスコスト

デンマーク企業の社会保障負担率及び人件費はヨーロッパで最も低いとされています。コペンハーゲンは賃金、社会保障費、またオフィス賃料も北欧本社あるいはシェアードサービスセンターの運営コスト全体で比較するとストックホルムより15-20%割安です。


5.北欧の知能の中心地

コペンハーゲン首都圏には優秀な人材が集まる北欧最大の雇用ベースがあり、また民間企業や公的機関に従事する研究者が最も集結しているエリアです。


6. 北欧の物流首都

コペンハーゲンはヨーロッパ大陸、北欧、バルト諸国など1億人の消費者市場へのアクセスに加え、北欧で最も企業や人口が集中している街です。コペンハーゲン空港は2015年世界空港大賞で北ヨーロッパ第一位の空港に選ばれた、大陸間の国際線、欧州、北欧、バルト諸国へのフライト数が北欧諸国の中で最大の空港です。


7. 行政機関との交渉が容易

デンマークは、トランスパレンシー・インターナショナルが実施する世界の行政機関向けの腐敗認識調査において常にトップにランキングされています。デンマークの行政機関は非官僚制・官僚的形式主義なことや交渉が容易なことで知られています。


8. 世界一住みやすい街

コペンハーゲンは2013、2014年に国際誌モノキュールによって世界で最も住みやすい都市に選ばれました。


9. 知識が最も集結する場所

研究者1万2千人、サイエンスパーク15カ所、総合大学・単科大学14校、そしてトップランキングの産学の連携など、コペンハーゲン首都圏は北欧で最も知識集約型研究やビジネス環境が整っています。


10. 試験や実証試験に理想的

デンマークは高度で革新的な研究開発で世界的に知られており、ICT、クリーンテック、スマートグリッドやスマートシティソリューションの有数なテスト・マーケットと評価されています。

10. Low corporate tax

In 2016, Denmark will lower the corporate tax rate to 22% from the current rate of 23.5%, placing Denmark below the average OECD and European level.